■産学官と金融の連携が鍵 「佐賀県人にはものづくりに関するDNAが脈々と受け継がれているはずだ」 独自カラーを打ち出す6月補正予算案の編成作業。山口祥義知事は何度も県幹部にメッセージを発した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加