きょうの催し

 ほんげんぎょう(みやき町の白石神社)

巡回車

 (6日)

 ◆献血車 10~16時半=佐賀市・ゆめタウン佐賀

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

ポスト

 ◆捜しています

 木製の蒸し器を修理できる業者の情報。蒸し器は3段重ねで、1段につき餅米が2升入る。100年以上前から使っており、釘不使用。電話0952(45)3453、吉村。

展覧会

 ◆テーマ展 有田晩香窯展-明治から平成の窯元の軌跡-

 (14日まで、有田町の九州陶磁文化館)赤絵屋から窯元へ変わりながら続く有田焼の窯元晩香窯の豊富な資料を展示し、明治~平成の有田焼の歴史を振り返る。入館無料。月曜日休館。九州陶磁文化館、電話0955(43)3681。

 ◆特別企画展「子どもも大人も楽しめる 鉄道のまち鳥栖を体感!」

 (14日まで、鳥栖市神辺町の中冨記念くすり博物館)同市大正町にある鉄道カフェ「門トス」とのコラボレーションにより、本格的な鉄道模型や貴重な鉄道資料を展示。7日は休館。中冨記念くすり博物館、電話0942(84)3334。

 ◆watabokuスモールアートギャラリー

 (14日まで、鳥栖市の中冨記念くすり博物館)鳥栖市出身のデジタルアーティストwatabokuさんが、初めて地元鳥栖市で開く作品展。7日は休館。電話0942(84)3334。

  ◆徴古館特別展「幕末明治の鍋島家-大名から侯爵へ-」第4期

 (14日まで9時半~18時、佐賀市松原の徴古館)古代宮廷歌謡の楽譜で佐賀県の国宝でもある「催馬楽(さいばら)譜」を10年ぶりに公開する。鍋島直正の継室として嫁いだ筆姫の嫁入り道具の行器や、鍋島直大・栄子(ながこ)夫妻が伊藤博文首相官邸で開催された舞踏会で着用した衣装なども展示。入館料400円(高校生以下は無料)。徴古館、電話0952(23)4200。

 ◆林田龍信回想展&第43回黄美展

 (14日まで、小城市小城町のまちなか市民交流プラザ「ゆめぷらっと小城」1階ギャラリー)パーキンソン病を抱えながらも、多様な絵画表現を模索し続け、2017年12月8日に亡くなった小城市の画家、林田龍信さん(享年65)の回想展。大作から小品まで約60点。併せて、小城高で金子剛さん(東光会理事、佐賀市)に指導を受けた人たちでつくる「黄美会」の作品展も開催。22人が絵画や染色、オブジェ、コンピューターグラフィックス、インスタレーションなどを出品している。ゆめぷらっと小城、電話0952(37)6601。

 ◆佐賀藩10代藩主鍋島直正展

 (2月9日まで、佐賀市本庄町の佐賀大学美術館)鍋島直正の業績と人物像に迫る。佐賀大学芸術地域デザイン学部の〓(徳の心の上に一)安和博教授が製作した直正像原型、銅像建立の制作過程も紹介する。同館、電話0952(28)8333。

告知板

 ◆唐津天満宮追儺(ついな)祭「おんじゃおんじゃ」

 (7日、唐津市十人町の唐津天満宮)正月の鬼すべ行事。長さ10メートルの松明(たいまつ)を火消し装束の消防団員が担いで「おんじゃおんじゃ(鬼じゃ鬼じゃ)」のかけ声とともに町内を回り、20時ごろ境内に到着。周りに門松やしめ縄を積み上げ、一緒に燃やして1年の無病息災を祈る。電話0955(72)4844。

 ◆森林公園バードウォッチング

 (20日9時、佐賀市久保田町の県立森林公園北駐車場集合)越冬するアトリやシロハラ、河川ではカモ類やオオバンを観察する。資料代や保険料として100円が必要。日本野鳥の会佐賀県支部島田さん、電話090(2393)1286。

 ◆自立支援のためのみそ作り教室

 (20日9時半~15時、多久市多久町のわんぱく村「鶯鳴庵(おうめいあん)」)小学1~4年生を対象に開く。火を扱うため卵焼きなど自分で簡単な調理ができることが条件。参加無料。会場は国重要文化財の多久聖廟(せいびょう)の南約200メートル。わんぱく村塾長の森正行さん、電話080(3706)2393。

 ◆認知症の人と家族の会佐賀県支部「カフェ・オレンジ」

 (20日10~15時、佐賀市神野東の佐賀県在宅生活サポートセンター2階)毎月第3日曜日に開催。認知症患者と家族のほか、認知症を心配している人や家族、介護経験者、認知症サポーターなどを対象に情報交換の場を設ける。参加費200円。認知症の人と家族の会佐賀県支部(吉田さん)、電話090(2717)9955。

 ◆さんでーサロン

 (20日13~16時、佐賀市水ケ江の佐賀メディカルセンタービル1階「佐賀県がん総合支援センター“さん愛プラザ”」)がん患者や患者の家族が、悩みや不安を話すことで心の負担を和らげるための親睦・交流会のほか、書初め会も開く。無料。進藤さん、電話0952(37)3336。

LIVE

 ◆中牟礼貞則里帰りツアーwith石井彰・金澤英明

 (9日20時~、佐賀市大財のシネマテーク)日本ジャズ界のレジェンド、85歳のギター奏者中牟礼貞則の里帰りツアー。石井彰(ピアノ)と金澤英明(ベース)を迎え、白熱の演奏を聞かせる。入場券は3500円(学生2500円)、要ワンドリンクオーダー。シネマテーク、電話0952(28)6708。

 ◆第10回深川家落語会

 (26日13時半~、小城市小城町の深川家)長寿番組「笑点」の司会を務めた五代目三遊亭円楽の最後の弟子である三遊亭王楽と、15年に真打ちに昇進した柳家小傳次が出演。昼食のそば、おにぎり付きで、前売り3500円(当日は4000円)。電話0952(73)1166。

このエントリーをはてなブックマークに追加