4日午後2時10分ごろ、長崎県諫早市のJR諫早駅で、長崎発博多行き特急列車(8両編成)に営業運転の速度が出ない異常が見つかった。乗客約350人にけがはなく、佐賀駅まで速度を落として運行した。JR九州によると、特急列車3本が最大36分、普通列車1本が10分遅れ、約1千人に影響が出た。

このエントリーをはてなブックマークに追加