鳥栖市山浦町のみどりケ丘保育園(原悦子園長)で19日、陶芸教室があった。年長児25人が父母と一緒に粘土をこね、直径15センチ程度の抹茶わんを作り上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加