【バンクーバー共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会第11日は20日、16強による決勝トーナメント1回戦が始まってオタワなどで2試合が行われ、ドイツと中国が準々決勝進出を決めた。 2大会ぶりの優勝を狙うドイツはスウェーデンに4-1で快勝した。