唐津署は1日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、長崎県松浦市鷹島町、会社員の男(58)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は1日午前10時55分ごろ、唐津市神田の国道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。容疑を認め「自宅で飲んだ」と話しているという。

 同署によると、男の車がふらついているのを警ら中のパトカーが見つけ、停車を求めた。呼気1リットル当たり0・75ミリグラムのアルコールが検出された。

このエントリーをはてなブックマークに追加