「止まる、動くのメリハリが大事です」。凜とした立ち姿で構えるのは昨夏、なぎなたの全日本武道錬成大会で優勝した鹿島市の明倫小6年、大谷舞桜(まお)さん(11)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加