鳥栖市の鳥栖中3年、松隈紫月(しづく)さん(15)が舞台に立つと、彼女が発する強いオーラに、自然と観客の視線が引き寄せられていく。生来の才能か、周囲も「舞台映えする」「華がある」と口をそろえる存在だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加