佐賀市の三重津海軍所跡を含む「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録をめぐり対立してきた日韓両政府が歩み寄ったことを受け、秀島敏行市長は22日、「心配していたがこれでほっとした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加