■超低温の世界実演 佐賀市の中央児童センター(安永孝子所長)は21日、科学教室を開いた。小学2~6年の約30人が超低温の不思議な世界を体験し、科学の面白さに引き込まれた。 学校でできない実験に取り組み、理科離れを食い止めようと初めて実施。