■広範囲で黒曜石加工片 伊万里市と有田町にまたがる腰岳(標高487.7メートル)が、黒曜石を使った古代の石器の“生産センター”だったことが、考古学や地質学の研究者グループの調査で明らかになってきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加