人気の唐津城御朱印符=唐津市東城内の唐津城

 佐賀県唐津市東城内の唐津城は12月から、御朱印符の販売を行っている。来場者から制作を求める声が複数あり、それに応えた。収益の半額は地震被害にあった熊本城の修復費用として寄付する。

 御朱印符には、城の下にある早稲田佐賀高の書道部が「唐津城」の文字を揮毫(きごう)。小笠原家の三階菱など、唐津城歴代城主の六つの家紋をあしらった。「唐津城天守閣之印」も押印する。販売から1カ月足らずで300枚以上が売れ、館長の井上和彦さん(61)は「予想以上の反響。1日1枚売れればいいと思っていたのでうれしい」と喜ぶ。

 神社や仏閣の御朱印では、訪問した日付や寺院名などを筆書きされることが多いが、唐津城では行っていない。井上さんは、揮毫を頼まれることも多いが「字がうまくないので申し訳ないが断っている」と苦笑いした。税込み200円。

このエントリーをはてなブックマークに追加