鳥栖-横浜M 前半、前線に蹴り出す鳥栖GK権田=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 J1鳥栖でアジア・カップ日本代表のGK権田修一(29)は27日、ポルトガル1部リーグのポルティモネンセから「興味をいただいていることは聞いている」と、獲得の打診を受けていることを明らかにした。同クラブには日本代表MF中島翔哉も所属している。

 権田は2016年にJ1のFC東京からSVホルン(オーストリア)へ期限付き移籍し、昨年に鳥栖に完全移籍した。関係者によると、正式なオファーが来れば鳥栖は移籍を容認する方針。

 実現すれば2度目の海外挑戦となる権田は「外に出たい、レベルの高いところでプレーしたい気持ちはある」と話した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加