生まれてきたことの尊さを学ぶ「いのちの授業」が18日、佐賀市の城東中学校(中野義文校長)であった。講師に助産師の寺田恵子さん(福岡県柳川市)を招き、全校生徒593人と保護者が赤ちゃんの誕生について学び、命の大切さを考えた。 寺田さんは写真や映像で赤ちゃんが生まれ、家族が喜ぶ様子を紹介。