国土交通省は26日、2018年に発生した崖崩れや地滑りなどの土砂災害は、茨城、栃木、東京を除く44道府県で3451件に上ったとの速報値を発表した。集計を始めた1982年以降で最多。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加