精神疾患を理由に休職した公立校教員数の推移

 2017年度に公立小中高校などで精神疾患を理由に休職した教員は16年度から186人増の5077人で、4年ぶりに増加したことが25日、文部科学省の人事行政状況調査で分かった。02年度は2687人だったが、その後増え続け、07年度に4995人になって以降、5千人前後の高い水準で推移している。

 公立学校の全教員(約92万人)に占める割合は16年度比0・02ポイント増の0・55%。文科省の担当者は「教員の多忙と長時間労働が背景にあるのではないか」と話している。

 病気休職者7796人の65・1%が精神疾患で、このうち今年4月1日時点で復職していたのは1994人。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加