アメリカ人のピアノ奏者デビッド・マシューズさんの演奏に聞き入る聴衆=小城市

 小城市のJR小城駅に設置されているピアノを使ったコンサートが22日、現地で開かれた。世界的にも有名なピアノ奏者が多彩な楽曲を披露。聴衆約200人は年末のすてきな“音のプレゼント”に大喜びだった。

 福岡県出身のコントラバス奏者・松永誠剛さんが進行を担当し、「駅にあるピアノを通じて市民のコミュニケーションのきっかけになれば」とあいさつ。米国のデビッド・マシューズさんがボブ・ディランやマイルス・デイビスの曲を披露した。南アフリカ出身のカイル・シェパードさんは華麗な指使いで名曲を奏でた。集まった聴衆は静かに聞き入り、最後は大きな拍手に会場が包まれた。

 コンサートは佐賀とオランダの交流を深めるプロジェクト「SAGA SEA2018-」の一環として県が開催した。県は2020年の東京五輪・パラリンピックでオランダのホストタウンになっているため、通行人が自由に演奏する「オランダ流」の楽しみ方を広めるため、鳥栖市のJR新鳥栖駅にもピアノを設置している。 

このエントリーをはてなブックマークに追加