引き締まった表情で開会式に臨む男子・鳥栖工、女子・佐賀清和の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナ

 男子第69回・女子第30回全国高校駅伝の開会式が22日、京都市内であり、佐賀県代表の男子・鳥栖工、女子・佐賀清和の選手たちが本番での健闘を誓った。大会は23日、同市の西京極陸上競技場を発着点に男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロのコースであり、男子47校、記念大会の女子は58校が熱戦を繰り広げる。

 開会式後の激励会では、県教委の青木勝彦副教育長と県高体連の吉松幸宏会長が「多くの人の思いをたすきに込めて走ってほしい」と激励した。鳥栖工の西久保遼主将は「悔いの残らないよう、全員が力を出し切りたい」と誓い、佐賀清和の武冨沙輝主将は「応援してくれる全ての皆さんに勇気を与える走りがしたい」と意気込みを語った。

 鳥栖工は全国屈指の選手層の厚さが武器。佐賀清和は県大会以降も好調を維持している。両校を代表し、鳥栖工の古川昌道監督は「両チームとも前大会より力をつけたオーダーで臨む。爽やかに都大路を駆け抜けたい」と話した。大会は女子が午前10時20分、男子が午後0時半にスタートする。

 【男子・鳥栖工オーダー】
区間 距離    選手
1区(10キロ)  西久保 遼
2区(3キロ)   佐々木亮輔
3区(8.1075キロ) 山崎 諒介
4区(8.0875キロ) 吉山 侑佑
5区(3キロ)   島崎 元希
6区(5キロ)   中島 阿廉
7区(5キロ)   杉 彩文海

 【女子・佐賀清和オーダー】
区間 距離    選手
1区(6キロ)   山下  藍
2区(4.0975キロ) 山下 花音
3区(3キロ)   山口  遥
4区(3キロ)   大久保菜々
5区(5キロ)   渡辺 夕奈

このエントリーをはてなブックマークに追加