今日は婦人科でとても多い病気、子宮内膜症と子宮筋腫についてお話しします。

 月経痛がだんだんひどくなってきているような気がします、といわれてまず気になる病気が子宮内膜症です。子宮の内側にある赤ちゃんを育てるためのふかふかのベッドのことを子宮内膜といいますが、子宮内膜症とはこの子宮内膜が子宮の内腔以外のところにできる病気です。よくできる場所としては両側の卵巣や卵巣の近く、子宮と腸との間の溝(ダグラス窩か)などです。症状としては生理痛、骨盤痛、排便時痛、性交痛などです。子宮内膜症は女性ホルモンの影響で月経があっている間はだんだんと悪くなっていくことが多いです。子宮内膜症が悪化すると、月経痛がひどくなるだけではなく、不妊や卵巣がん、心筋梗塞などのリスクも増えるといわれています。若い方に見つかった場合、いかに内膜症を悪くしないでいい状態を保ったまま妊娠までつなげるかを目標に治療を行います。

 10代から30代の若い方では治療の第一選択薬は低容量ピルです。400代以降はその方の状況にもよりますが、子宮内膜症の治療薬ジエノゲストなどを選択することが多いです。

 月経が最近多くなってきました、とか、おなかの下の方に硬いものを触れます、というのは子宮筋腫を疑う症状です。子宮筋腫はとても多い病気で、30代以上の4、5人に一人には見られる子宮の筋肉の良性のこぶです。数ミリの小さいものから上腹部まで大きくなるものもありますし、多発することも多いです。

 困った症状がなければ様子を見ていくことも可能ですし、生理が多い、尿が近い、赤ちゃんが欲しいなどがあれば、その方の症状に応じて治療法を選択していくことになります。

 月経について今までと違う症状が出てきたときは、ちょっと勇気を出して婦人科に相談してみましょう。。(すこやか女性クリニック院長 西岡智子)

このエントリーをはてなブックマークに追加