鳥栖駅周辺整備について見解を述べるJR九州の青柳俊彦社長=福岡市のJR九州本社

 鳥栖市が鳥栖駅周辺整備事業を断念したことについて、JR九州の青柳俊彦社長は21日の定例会見で「財政の理由で断念されたのは致し方ない」と理解を示した。線路の下にある既存の地下道を延伸し、東口改札を新設する意見については安全面への懸念を示し「具体的な検討はしていない。鳥栖市から要望があれば検討したい」と話した。

 東口設置について青柳社長は「地下通路はかなり古くて狭い。サッカーの試合が終わったときの(多くの)観客に利用していただくのは私は難しいと考えている」と慎重な姿勢を示した。その上で「市から具体的に要望があれば検討したい。列車を動かしながらだとコストはかかるが、技術的には問題ない」と述べた。

 市は今後も、駅前交差点の改良や駅前広場整備をJR九州と協議したい意向を持っている。青柳社長は「鳥栖市さんから一番いい方法として橋上駅を提案してもらい、われわれも積極的に応援していた。見直すということであれば、ちゃんと対応したい。橋上駅じゃないとやらないということは一切申し上げたことはない」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加