陸上の日本選手権第2日は27日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われ、県勢は女子100メートル障害で紫村仁美(三養基高教諭)が13秒27で2年ぶりの優勝を果たした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加