大和特別支援学校分校設置への反対意見が相次いだ説明会=19日夜、佐賀市川副町の南川副公民館

 佐賀県立大和特別支援学校(佐賀市大和町)の分校を川副町の小中学校に設置する計画で、佐賀県教育委員会は、計画の見直しに向けて12月中にも佐賀市教育委員会との協議に入る方針を固めた。住民や保護者らを対象にした説明会を7月から開いてきたが、19日夜の川副中学校向けの説明会でも反対意見が根強く、計画を進める環境が整っていないと判断した。

 大和特別支援学校の児童・生徒が増えているため、空き教室を利用して市南部地区に新たに分校を設ける計画を県教委が示し、設置先として南川副小と川副中を候補に検討してきた。

 川副中の19日夜の説明会には約70人が参加した。分校設置に当たり、県教委は「市町の理解が得られること」を条件に掲げており、参加者からは「理解を得られたと考えているのか」などと質問が出た。

 県教委の麻生俊一特別支援教育室長は「川副中の校舎に分校をつくるのではなく、新たな学校を適切な地域につくった方がいいという意見も出ていたので、しっかり受け止めて今後、市教委と協議を進めていきたい」と述べた。両教委は近く協議に入り、最終的な結論を出す。

このエントリーをはてなブックマークに追加