鳥栖は試合終了間際にFW豊田のこの日2点目となるゴールで追い付き、2-2で引き分けた。 立ち上がりはともに守備の意識が高くかたいゲーム展開となったが、鳥栖が徐々にリズムをつかんだ。