異例の「年またぎ」となった知事選には新人4人が立候補した。保守分裂の構図に加え、オスプレイの佐賀空港配備計画や玄海原発再稼働など国の重要政策への判断も争点となる全国注視の選挙戦。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加