ふくよかな面立ちで愛犬を従えた西郷どん=唐津市石志の八坂神社

建立されて110年余。地区民の思慕を集める

 佐賀県唐津市石志の八坂神社境内に西郷隆盛の陶像が立つ。像や台座には11人の氏名と「明治39(1906)年5月18日 参宮記念」、そして「唐津焼製造所 中埜末造」と刻まれる。地区民が伊勢神社参拝を記念して奉納したとみられる。だが、なぜ唐津の地に西郷なのか。謎を秘めたまま、泰然として中空を見つめる。

 像の高さは1・7メートル、幅55センチで、台座を含めると約3・4メートル。東京・上野公園の銅像の半分くらいの大きさで、ふくよかな表情で愛犬もかがんで寄り添う。

 寄進者とみられる11人のうち1人は、神社を管理する区長の進藤博喜さん(69)の曽祖父で、全員地区住民の先祖という。ただ「いわれを知っている人がいないか、以前の区長が地区内に文書を配ったが、何も回答がなかった」と言う。

 唐津焼で細工物を得意とする中野窯に聞くと「中埜末造は初代中野霓林(1876~1951年)の本名です」と三代目霓林さん(68)。30歳の時の作品になる。でも、なぜ西郷なのか。

 明治39年は西郷が鹿児島・城山で自刃して29年。松浦史談会長の山田洋さん(82)は「(西南戦争の首謀者という)賊軍扱いから名誉は回復されていた。しかし唐津とは直接の縁はないはず」と首をかしげる。

 取材を進めると前々区長の宮崎訓治さん(73)が知人から聞いたという話を明かした。「中野窯に西郷の焼き物の注文があり、予備を含め2体焼かれた。その1体がめぐりめぐって石志に来た」と。ただ中野窯にも記録はなく、もう1体の所在を含め謎が加わる。

 石志地区は農村部で、神社に行くには細い集落道しかない。「人が押し寄せると困るけど、小さな村にこんな歴史があることを知ってもらうのはいいかな」と進藤さん。幕末維新の大きな渦の中で圧倒的な存在感を放ち続けた西郷隆盛。NHK大河ドラマ「西郷どん」は完結し、明治維新150年の年も間もなく終わる。

このエントリーをはてなブックマークに追加