韓国・仁川に到着し、記者団の取材に応じる米国のビーガン北朝鮮担当特別代表=19日(聯合=共同)

 【ソウル共同】米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は19日、米政府による自国民の北朝鮮訪問制限の見直しを検討していると表明した。人道支援従事者が米国務省の許可を得て特例的に訪朝していた手続きを緩和する方向だ。米朝間の非核化協議が膠着する中、民生分野の制裁を緩める姿勢を見せることで北朝鮮に譲歩を促す狙いがあるとみられる。

 ビーガン氏は訪問先の韓国で記者団の取材に答えた。ポンペオ国務長官から帰国後に見直しを検討するよう指示されたと説明し、年明けに米国の支援団体関係者らと協議するとも表明した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加