【ロサンゼルス共同】世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は19日、2020年東京五輪の予選を兼ねて来秋に開催する野球の国際大会「プレミア12」に出場する日本など12チームと大会日程を発表した。2チームが東京五輪の出場権を得る。日本は結果にかかわらず開催国として東京五輪に出場できる。

 17日に発表された最新の世界ランキング上位12位までの国・地域のチームが出場権を得た。世界ランキング1位の日本の他に、米国、韓国、台湾、キューバ、メキシコ、オーストラリア、オランダ、ベネズエラ、カナダ、プエルトリコ、ドミニカ共和国が出場する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加