松田光浩さん

 結婚して一時、実家のある上峰町から転出しましたが、2人目の子どもが生まれるのを機に実家に戻りました。消防団に誘われたのもその時で、今年で入団4年目になります。父も以前消防団に入っていたので、大体雰囲気は分かっていたし、何より生まれ育った地元に貢献したいという思いがあったので、迷いはありませんでした。訓練などを通して仲良くなった人も増え、子どもの運動会など消防以外の場所で声を掛け合うこともありますね。
 消火活動が一番の任務ですが、一昨年秋に行方不明者の捜索をしたことが強く印象に残っています。地元の高齢の男性がいなくなったと聞いてあちこち捜しました。翌日、無事に見つかった時は心からほっとしました。最近は、大雨など大きな災害も相次いでいるので、消防団はあらゆる場面で頼りにされていると実感することも多いですね。

防火訓練で搬送の手順を確認する団員ら

 消火活動や救命などひと通りの訓練を受けているので、いざという時にはいつでも動けるという自信があります。消防団で訓練を積んでいるおかげで、年1回の職場の防火訓練では率先して動くことができ、ちょっぴり誇らしく、それが励みにもなります。これからも訓練に精を出し、地域の方の「安全・安心」を守っていきたいですね。

先輩から激励メッセージ

松田君は、与えられた仕事をきちんとこなし、団の活動の出席率もよい誠実な青年です。同じ町内でも、世代が異なると知らない人も増えてきますが、松田君を通して若い世代とも顔見知りになれるのはありがたいですね。大規模災害が頻発する今の時代、若い世代には日頃から訓練を積んで、迅速に動けるように備えてほしいと思います。(上峰町消防団第1部・福井毅志さん)

このエントリーをはてなブックマークに追加