パイロットの飲酒問題で、国土交通省が、操縦に支障が出るアルコール濃度の基準を呼気1リットル当たり0・09ミリグラムとする案をまとめたことが19日、同省関係者への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加