19日の債券市場で、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが一時0・010%と、約1年3カ月ぶりの水準に低下した。

このエントリーをはてなブックマークに追加