【ワシントン共同】米首都ワシントンの連邦地裁の判事は18日、ロシア疑惑に絡み連邦捜査局(FBI)に虚偽証言した罪を認めたフリン元大統領補佐官を「国を売ったことになる」と非難した。判事は弁護側の要請に応じ、判決期日を延期した。

このエントリーをはてなブックマークに追加