旧優生保護法下の不妊手術問題で、日本衛生学会が、優生施策の推進を求めた1952年の意見書を取り消し、優生思想を容認しないとする宣言を来月発表することが18日、分かった。旧法を巡り学術団体がこうした宣言を出すのは初めて。

このエントリーをはてなブックマークに追加