自民、公明両党が推薦する現職と共産系新人の一騎打ちになった佐賀県知事選は、現職の山口祥義氏が19万9670票を獲得して再選された。投票率が35・26%に落ち込んだ選挙戦を担当記者が振り返った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加