2019年度予算案の閣僚折衝に向かう世耕経産相=17日午後、財務省

 政府は17日、一般会計総額を過去最大の101兆4千億円台とする2019年度当初予算案の概要を固めた。キャッシュレス決済時のポイント還元制度に必要な2798億円など、19年10月の消費税増税に伴い特別に計上する景気対策費が2兆円余りで決着。高齢化による社会保障費の伸びを4800億円程度に圧縮するが、100兆円の大台を初めて上回る。

 これらの歳出を賄う歳入は、税収を過去の決算との比較で最高額となる62兆5千億円弱と見積もる。税外収入も上積みすることで、借金に当たる新規国債発行額を18年度当初比で1兆円少ない約32兆7千億円とし、9年連続の減額とする。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加