契約更改交渉を終え、来季の目標を書いた色紙を手にするプロ野球巨人の菅野智之投手=17日午後、東京・大手町の球団事務所

 プロ野球巨人の菅野智之投手(29)が17日、東京・大手町の球団事務所で契約交渉に臨み、2億円増で日本選手では2004、05年の佐々木主浩投手(横浜=現DeNA)に並ぶ史上最高年俸となる6億5千万円で更改した。巨人でも02年の松井秀喜外野手の6億1千万円を超え、球団史上最高額となった。

 今季は2年連続の最多勝、3年連続の最優秀防御率、2年ぶりの奪三振王と3冠に輝いた。投球回数が入団6年目で初めて200イニングを超え、10完投をマークするなど2年連続で沢村賞にも選ばれた。それでも「満足は何一つしていない。もっとできる自信もある」と貪欲に話した。(金額は推定)

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加