豊洲市場を訪れ、記念撮影する外国人観光客=10月、東京都江東区

 観光庁は17日、2018年に日本を訪れた外国人旅行者数が18日に初めて3千万人を突破する見通しになったと発表した。政府関係者によると、最終的な訪日客数は3100万人程度に達するとみられる。過去最多は17年の2869万人だった。関西空港で18日午後に記念式典を開く。東京五輪・パラリンピックが開催される20年に4千万人という政府目標達成に向け弾みがつきそうだ。

 訪日客数は、12月6日時点の推計で2900万人を超えた。その後の推移を調べたところ、18日の突破が確実と分かったという。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加