杵島炭砿の名残の炭鉱住宅を“再生”し、移住の受け入れや人が集う場に活用するための改修作業が始まった。ランプシェード作りなどのイベントも企画しながら再生を周知し、町民参加の手作業で半年かけて仕上げる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加