今年のワールドゲームズで日本勢初の2位となった五十嵐カノア=9月、愛知県田原市

 【ジュネーブ共同】国際サーフィン協会(ISA)は16日、追加種目となる2020年東京五輪の各大陸予選を兼ねる来年のワールドゲームズ(WG)を9月7~15日に宮崎市の木崎浜海岸で開催すると発表した。アジア、欧州、アフリカ、オセアニアの各大陸最上位選手が条件付きで五輪出場権を獲得する。

 東京五輪出場を目指す選手には世界選手権に相当するWGの19年、20年大会の参加が義務づけられ、来年から海外のトッププロの本格参戦が見込まれる。愛知県田原市で開かれた今年9月のWGでは五十嵐カノア選手が2位で日本勢史上初となるメダルを獲得した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加