オスプレイ配備計画反対への決意を語る石橋議長=佐賀市の自治労会館

 労働団体などでつくる佐賀県平和運動センター(石橋正純議長)は15日、定期総会を開き、佐賀空港へのオスプレイ配備に反対する決議など2件を採択し、新年度へ向けた取り組みの強化を確認した。

 石橋議長はオスプレイ配備計画を受け入れた山口祥義知事の判断や、沖縄名護市辺野古沿岸部で始まった土砂の投入などに触れて「運動を取り巻く情勢は厳しいが、反撃していかないといけない。地域、日本を支えるために運動をしていきたい」と力を込めた。

 「佐賀空港へのオスプレイ配備を許さない決議」と、来年の統一地方選挙や参院選挙を見据えた「政治決戦に勝利し、安倍改憲を阻止する決議」を採択した。役員人事は石橋議長らを再任した。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加