アドバイスを受けながらしめ縄づくりに挑戦する児童たち=佐賀市の若楠公民館

 佐賀市若楠校区の子どもたちに伝統行事の大切さを体感してもらおうと、正月用のしめ縄作りが15日、若楠公民館で開かれた。子どもたちは大人の手を借りながら、わらを締める作業に悪戦苦闘し、完成すると「家に飾る」と歓声を上げていた。

 同校区のしめ縄作りは、地域交流の一環として毎年開かれ、今回は、若楠小の児童や保護者ら約40人が参加した。同市内の高木八幡宮の大島明彦宮司が、正月にしめ縄を飾る風習の意味を説明した後、子どもたちは地元高齢者らのアドバイスを受けながら、わらを束ねて力をこめて縄状に締めていた。同校1年の古川翔真君は「わらをねじるのが楽しかった。家の玄関に飾りたい」と声を弾ませた。

 大島宮司は「市街地から水田が消え、稲わらを触ったことがない子が増えている。自らチャレンジすることで伝統行事の大切さを実感してもらえれば」と目を細めていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加