日産の前会長ゴーン容疑者の指示を受け、元幹部が特定の計算式で同容疑者の報酬額を算定していたことが15日、分かった。報告書への不記載後も計算式は変えておらず、東京地検は虚偽記載の意図があった重要な裏付けになるとみている。

このエントリーをはてなブックマークに追加