流通から見たGAP認証農産物のニーズについて講演するイオン九州の福山博久さん=小城市のドゥイング三日月

 佐賀県GAP推進大会(県、JAグループ佐賀共催)がこのほど、小城市で開かれた。農業者やJA、行政の担当者らが、品質の向上や経営改善、販売のツールとしても役立つGAPの重要性を共有し、取り組みの推進や認証取得に向けた機運を高めた。

 中国での残留農薬問題報道を契機に2002年から自社でGAPの取り組みを進める、イオン九州の福山博久・九州商品開発部農産グループマネージャーが、流通業者からの視点でGAP認証農産物のニーズについて講演した。

 福山さんは、現状では客側からGAP取得商品への問い合わせは少ないとしつつ、自社が仕入れて販売した商品を食べて何か問題が発生した場合、「お客さまから販売者責任を問われる時代」と強調した。これからは食感や見た目、栄養成分などの品質に加え、「倫理品質」が重要になると説明。企業の社会的責任として、安全・安心を担保するGAP認証商品を仕入れる流れは当たり前になっていくとの見通しを示した。

 大会では、うれしの茶でのアジアGAP取得の取り組みや、富山県や熊本県の先進事例も紹介された。

このエントリーをはてなブックマークに追加