政府が2019年度の実質国内総生産(GDP)成長率の見通しを1・3%程度にする方向で調整していることが15日、分かった。海外経済の減速などを反映し、7月時点の1・5%から下方修正する。

このエントリーをはてなブックマークに追加