バスケットボール男子でIMGアカデミーに留学中の田中力=14日、米フロリダ州ブラデントン(共同)

 【ブラデントン(米フロリダ州)共同】バスケットボール男子の日本代表候補に史上最年少で選ばれた16歳の田中力が14日、今夏から留学している米フロリダ州ブラデントンのIMGアカデミーで「レベルが高い。プロになろうという意識の選手に囲まれて、いい雰囲気でやれている」と近況を語った。

 田中は昨年10月に史上最年少の15歳5カ月で日本代表候補入り。IMGアカデミーをステップに全米大学体育協会(NCAA)1部の大学進学を目指し、将来はプロのNBA入りを夢見る。

 NBAグリズリーズの渡辺雄太やゴンザガ大の八村塁らの姿にも刺激を受けているようで、意欲をさらに高めていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加