嬉野市の村上大祐市長が民間業者との会食を巡り、政治倫理審査会による調査を請求されている問題で、市民団体から政倫審の委員の変更を要請されていた市は14日、人選について「適切だと判断している」と回答し、委員の変更や増員をしない考えを示した。

 池田英信副市長が「嬉野をよくする市民の会」のメンバーに市役所で回答書を手渡した。副市長は「部内で協議をした結果で、理解をしてもらうしかない」と述べた。市長の代理人を務める弁護士を委員から外す件については、別の弁護士の推薦を県弁護士会に依頼していると説明した。

 市民の会の大串友則事務局長は「公平な審査をしてもらえるとは思えず、この結果を受け入れることは難しい」と話し、引き続き抗議する考えを示した。

 人選を巡っては市民の会と「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」が、審査会の委員に市職員OBが入ってる点などを問題視し、見直し求める要請書を共同で提出していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加