佐賀県弁護士会(江崎匡慶会長)は2日、選挙権が18歳から与えられるようになったことに伴い検討が進む少年法の適用年齢引き下げに反対する会長声明を出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加