嬉野市塩田町で江戸後期に大量生産された志田焼の展示会が、千葉県横芝光町(よこしばひかりまち)の町立図書館で開かれている。同町内の志田焼ファンが収集した72点を「幻の青い皿」として展示。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加