着物デザイナーのキサブローさん(提供写真)

 佐賀市呉服元町のカフェ「リフトコーヒー」で1月19日午前10時半から、新進気鋭の着物デザイナー・キサブローさんのトークライブと着物展示が開かれる。自らの経験を基に、ボーダーを超えて自分らしく生きることの大切さを軽やかに語る。

 母親が佐賀市出身というキサブローさんは、創業100年の仕立屋・岩本和裁(東京都)の4代目。2015年にブランドを立ち上げ、羽生善治さんの竜王戦衣装やNHK総合テレビ「LIFE! スペシャル 忍べ! 右左ヱ門」(12月19日午後10時放送)で内村光良さんらの衣装を手掛けた。

 女性として生まれた自らの性別に違和感を持ち、戸籍の性別を変えた。和服の現代的な再解釈に取り組み、和服の形状を生かした斬新なデザインで世界的に注目を浴びている。

 トークでは枠にとらわれず本質を見つめて生きる大切さを伝える。自身がデザインした着物も展示し、素材や制作過程を解説する。

 参加費は100円(リーフレット代)で、要1ドリンクオーダー。問い合わせはNPO夢の学校の山下さん、電話070(4704)4216。

このエントリーをはてなブックマークに追加