本部長表彰を受けた監督(前列中央)と選手たち(後列)=佐賀県警

 11月に行われた全国警察逮捕術大会で佐賀県警が団体第3部で3位に入賞した。毎年メンバーの半数が入れ替わる中、3年連続入賞を果たした選手たちに田中健一監督(32)は「1年間この日のためによく頑張ってくれた。選手に感謝している」とねぎらった。

 佐賀県警は21チームで戦う第3部に出場した。準決勝リーグで宮崎県警に惜敗したものの、「勝って終わろう」と気持ちを切り替えて臨んだ3位決定戦。滋賀県警との勝負は大将戦までもつれ込み、勝つしかない状況だった。「練習してきた技が決まった」。大将の髙島光寿主将が3本勝ちを収め、勝負を決めた。

 県警本部で行われた表彰式では、三田豪士本部長が一人ずつに賞状を手渡し、監督や選手たちは喜びをかみしめていた。

 表彰されたのは、以下の通り。(敬称略)

 監督 田中健一警部補(警備部機動隊)▽コーチ 黒岩勇介巡査部長(警備部機動隊)▽選手 髙島光寿巡査部長(佐賀北署)橋本昭巡査部長(警備部機動隊)小出奨巡査長(佐賀南署)濵﨑太地巡査長(佐賀北署)久米雄一朗巡査長(同)白浜祐仁巡査(警備部機動隊)大島和貴巡査(同)

このエントリーをはてなブックマークに追加