サッカーのフランス1部リーグは13日、16日に予定されていた酒井宏樹のマルセイユとボルドーとの一戦など第18節の計5試合が延期となったと発表した。同国各地で起きている燃料費値上げに反対するデモ騒動、ストラスブールで起きた銃撃テロ事件の影響で警備に人員を割けないため。

 AP通信によると、今節の1部、2部の全競技場でテロの被害者に黙とうをささげる。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加